2018年2月25日
  • ビジネスは真面目にやる

はれのひ【負債額約10億円!?】




成人式の日を前に突然営業を取り止め、破産手続きが開始された振り袖の販売・レンタル業『はれのひ』(横浜市)が、従業員35人に対し計約1800万円の未払い賃金があることが27日分かった。

税金などの滞納も約5500万円に上る。

いずれも現時点での負債額約6億3500万円に含まれている。

横浜市南労働基準監督署は昨年8~12月に計5回、従業員に賃金を支払っていないとして是正勧告をしていた。

労働基準監督署には2016年末頃から、賃金の支払いが所定日よりも遅れるようになったとの相談が寄せられたと言う。

はれのひホームページで従業員を約50人としていたが、成人式の時点で約10人となっていた。

横浜地裁は26日、はれのひ破産手続き開始を決定。

現時点での負債額には、未払い賃金や税金の滞納のほか、金融機関12社からの借り入れが約3億8000万円。

取引先270社への未払い金など計約1億8000万円が含まれている。

3億円を越える見込みの顧客約1300人の損害額は含まれておらず、最終的な負債額は10億円に上るとみられている。

篠崎社長は午後7時に始まった会見の冒頭で、「お客様や取引先に多大なご迷惑ご心配をおかけし、おわびします」と陳謝し、約5秒間頭を下げた。その上で「一生に一度の成人式を台無しにし、取り返しのつかない事態になったのは全て私の責任」などと述べた。

・成人式に出席すらできなかった横浜市の大学生(当時19)は「どんな神経をしているのか。理解できない」と憤っていた。

・(はれのひは破産手続きが始まり、ようやく社長が会見したが、「てるみくらぶ」同様、計画倒産の印象はぬぐえない。今後もきちんと対応してほしい。)と言う意見も。

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮広が、被害者救済の「リベンジ成人式」の開催を発表し、話題になった。「大人になる日に大人が裏切った。大人として申し訳なく、恥ずかしい」というコメントには僕も同感だった。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です