2018年7月22日
  • ビジネスは真面目にやる

【速報】580億円流出事件、一般ユーザー口座に移されていた!!




仮想通貨取引所「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件で、

分散して送金されていた「NEM」の一部が、30日夜、事件と関係のない一般ユーザーの口座に移されていたことが分かった。

この事件は1月26日、「コインチェック」から仮想通貨「NEM」580億円相当が不正なアクセスによって流出。

「NEM」は特定の口座に送金されたあと、9つの口座に分散して送金されましたが、その一部が30日午後10時半ごろからの30分間で、さらに、別の9つの口座に送金されていたことも分かった。

この9つの口座は、いずれも一般のユーザーのもので、送金されたのはそれぞれ8000円相当だということです。

専門家によると、犯人側は事件と関係のない多くの一般ユーザーに送金することで、580億円相当の「NEM」が凍結されないようにしている可能性があるということ。

警視庁は不正アクセス禁止法違反などの疑いを視野に、捜査を進めています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です